1. HOME
  2. トスサラ®マガジン
  3. FOOD
FOOD 2017.05.17

初めての料理にチャレンジ!親子で一緒に作れる簡単トスサラダ

01_haj0517.jpg

子どもが「お手伝いしたい!」と言った時、どうしていますか?幼少期のお手伝いは将来的な子どもの自立のためにとても重要です。色々なことに興味を持つ幼少期だからこそ、積極的にお手伝いをさせてあげましょう。料理のお手伝いには、親子で一緒に作れる「サラダ」がおすすめ。自分の手で作るからこそ、苦手な野菜も残さず食べることができます。今回は、初めてサラダ作りに挑戦したご家庭の実例をご紹介します!

ちぎる、切る、そして振る!ワクワク楽しいサラダ作り

02_haj0517.jpg 03_haj0517.jpg

初めてのサラダ作りにご機嫌なつむぎちゃん。カラフルなエプロンをつけてやる気満々です!子どものお手伝いには、形から入るという方法もアリ。料理のお手伝いにはエプロンをつけてあげることで、やる気もさらにアップしますよ。

○まずはレタスをちぎろう!

04_haj0517.jpg 05_haj0517.jpg

いざ、調理開始!レタスをちぎる時のパリパリとした触感に夢中になっています。キッチンが高すぎると子どもには調理しにくいので、踏み台などを用意してあげると良いですよ。ママと同じ目線になることでより楽しく、調理に専念することができます。

○包丁でトマトを切ってみよう!

06_haj0517.jpg 07_haj0517.jpg

子どもに包丁を使わせるのはどうしても不安ですよね。一般的な金属製の包丁は子どもにとっては重すぎたり、柄が太くて持ちづらいことが原因でけがをする恐れもあります。できることであれば、子どもの成長に合わせて軽いセラミック包丁などを用意してあげましょう。真剣なまなざしのつむぎちゃん。ママに教えてもらいながらしっかりトマトを切っています。

○トウモロコシの粒を取ってみよう!

08_haj0517.jpg

トウモロコシは、親指で倒すようにするときれいに実を取ることができます。難しい場合は、割りばしやバターナイフで根元から削ぎ落とす方法もおすすめ。缶詰めを使うこともできますが、生の食材に触れさせることで愛着心が形成され、より子どもの食に対する興味を豊かにさせることができます。

○具材がそろったら、Let'sトス!

09_haj0517.jpg

すべての具材がそろったらストックバッグに入れて、「トスサラ®シーザーサラダ味」を加えてトスする(混ぜる)だけ!ボウルの中で混ぜるよりも簡単で、楽しく作ることができますよ。最後の仕上げということで、つむぎちゃんも一生懸命振っています。

○お皿に盛り付けて、完成!

10_haj0517.jpg 11_haj0517.jpg

今回つむぎちゃんが挑戦したレシピは「ちびっこ大好き コーンとトマトのシーザートスサラダ」。他のどの料理よりも真っ先に、自分で作ったサラダを食べ始めました。全粒粉入りのクルトンとカリカリアーモンドといったトッピングの食感も後を引き、笑顔でモリモリと食べ進んでいます。

12_haj0517.jpg

見事完食です!粉ドレはトスする(混ぜる)だけで全体に味がまんべんなく行き渡るので、野菜のシャキシャキ感が失われず、最後の一口まで野菜のフレッシュな食感を楽しむことができます。

初めての料理は大成功!親子で楽しくトスサラ®を使おう

13_haj0517.jpg

初めての料理に大興奮のつむぎちゃん。トスサラ®は具材と一緒にトスする(混ぜる)だけなのでとても簡単、しかもおいしい!初めて親子で料理をするにはうってつけです。野菜が苦手な子どもでも、トスサラ®を使って楽しくサラダ作りを経験すれば、自然な形で野菜を食べられるようになるかもしれません。ぜひ、ご家庭で試してみてくださいね。

○「はじめてのトスサラ」 篇 トスサラ®ではじめてのお料理 動画はコチラ

MORE TOSS SALA

トスサラ®のことがもっと知りたい!