1. HOME
  2. トスサラ®マガジン
  3. FOOD
FOOD 2016.08.30

イマドキ女子なら知っておきたい!「いつものサラダ」をおしゃれに魅せる簡単テクニック!

tos_top02.jpg

※本画像は、旧パッケージ商品です。

誕生日や記念日に作るおもてなし料理や、友人を招いてのホームパーティーなど、テーブルの印象をぐっと華やかな雰囲気にしてくれる"おしゃれサラダ"はさまざまな場面で活躍するマストメニュー。今回は、お家で簡単に作れる"おしゃれサラダ"のヒントをご紹介します。

○おしゃれサラダの基礎をマスター!簡単スリーステップ!

<STEP:1>"アクセント食材"でいつものサラダにひと工夫!

tos_01.png

まずは食材選びから。レタスやトマト、キュウリなどおなじみの野菜に"アクセント食材"を加えると、おしゃれ度がUPします。例えば、定番のキャベツを、紫キャベツに変えるだけで、いつものと印象の違うおしゃれなサラダに大変身させることができますよ。その他にも、鮮やかな色のパプリカ、ベビーリーフやアボカドなどもおしゃれ度が高い食材。味のアクセントになってくれるのはもちろんのこと、見た目も鮮やかになり、"手の込んだサラダ"という印象を与えることができます。

<STEP:2>食器でサラダの印象はガラリと変わる!こだわりの一枚を選ぼう!

tos_02.png

調理前から使うお皿をイメージしておくことが、"おしゃれサラダ"に仕上げる重要なポイントです。形や色の他に、質感や素材など料理に合った食器を選ぶことで、食材の魅力をぐっと引き上げることができますよ。例えば、葉物野菜を使ったサラダをカフェ風に仕上げたい場合は、ほっこりとした印象を与えるウッド系の食器や、落ち着いたトーンの和食器などお皿の質感に特徴があるものを選ぶのがおすすめ。パプリカなどのカラフルな野菜の色を引き立たせたい場合には、白いお皿を使用すると色のバランスがとれ、おしゃれな印象に仕上がります。

<STEP:3>おしゃれに仕上げる盛り方のコツは"高さ&後のせ"

食材とお皿が決まったら、最後は盛り付け。盛り付ける「高さ」と食材の「後のせ」をマスターすれば、より完成度の高いおしゃれな印象のサラダを作ることができますよ!

まず、ひとつ目のポイントは「高さ」。サラダを盛り付けるときにお皿の上に"山"を作るように意識しましょう。この時、お皿の全面を使うのではなく、お皿の周りに余白ができるように盛り付けるとよりおしゃれに仕上がります。どの方向からみてもきれいな傾斜のついた"山"ができたら、ふたつ目のポイントの「後のせ」を。色鮮やかな食材を表面に見えるように乗せていくことで、全体の鮮やかさが増します。白髪ねぎや貝割れ菜などは、一緒に混ぜてしまうのではなく、最後にパラパラとかけると立体感が出て、レストランで提供されるような"おしゃれサラダ"になりますよ。

○味も見た目も完璧にキメル!サラダの簡単おしゃれアイテムを活用しよう!

tos_03.png

※本画像は、旧パッケージ商品です。

おしゃれなサラダを作る簡単スリーステップを覚えたら、次は、サラダ作りに挑戦してみましょう!野菜にトスする(混ぜ合わせる)だけで簡単に味の決まる「トスサラ®」は、おしゃれサラダのマストアイテム。「トスサラ®」1つでレタス半玉(約150g)、大き目ボウル1杯の量のサラダが出来上がります。今回は、サラダが大好きなイマドキ女子のみなさんに、先ほどのおしゃれポイントを実際に取り入れたサラダを試食してもらい感想を頂きました。

<おしゃれサラダ その1>

真っ赤なトマトが魅力的!女子会におすすめ『トマトとモッツァレラのイタリアントスサラダ』

定番のトマトとモッツァレラの組み合わせに、おしゃれ食材のアボカドとベビーリーフをプラスして、緑・白・赤のイタリア国旗のカラーを意識するのがポイントです。大皿盛り付けてもエレガントな印象で、女子会の一品目にピッタリ。これらの食材を形が崩れないように気を付けながら「トスサラ®モッツァレラとトマトのイタリアンサラダ用」をトス(混ぜ合わせ)しましょう!

tos_04.png

※本画像は、旧パッケージ商品です。

『食材の水分と(「トスサラ®」が)上手く混ざり合って、粉っぽさもなく、ちょうど良い味付け!』と一口食べて絶賛のS・Mさん。『アーモンドをサラダのためだけにあまり買わないので、「トスサラ®」がひとつあれば、ひと手間かけた感が出るのがいいですね。このサラダを女子会に「トスサラ®」で作ったことを内緒にして出して褒められたいです!』と、簡単なのにおしゃれ感の出るサラダに満足の様子でした。

「トスサラ® モッツァレラとトマトのイタリアンサラダ用」には、全粒粉入りのクルトンとアーモンドがたっぷり入っていて、カリカリ・サクサク食感を楽しめます!

tos_05.jpg

※本画像は、旧パッケージ商品です。

【オシャレ度UP!ポイント】

色合いが偏らないように、バランスを考えて盛り付けるのがおしゃれに仕上げるポイント。色彩がはっきりしたサラダには、真っ白なお皿がおすすめ。食欲をそそる赤色が引き立ち、上質な一皿に仕上がりますよ。

詳しい調理方法はこちら

<おしゃれサラダ その2>

お家サラダがカフェのメニューに変身!? 『かぼちゃほくほくチキントスサラダ』

食材にサラダほうれん草を使うのがこのサラダをカフェ風に仕上げるポイント。生で食べることができるサラダほうれん草はシャキシャキとした食感が特徴で、色も鮮やか。かぼちゃがほくほくの内に、サラダほうれん草やチキンと一緒に「トスサラ®チーズ香るシーザーサラダ用」と混ぜ合わせれば、チーズとかぼちゃの相性抜群な"おしゃれサラダ"が出来上がります。

tos_06.png

※本画像は、旧パッケージ商品です。

『思ったより、チーズ感がすごい!』とお料理好きのS・Sさん。『お弁当に野菜をたっぷり入れたいときは「トスサラ®」を一緒に持って行ってその場で、かけて食べたいです。シーズニングなので液漏れの心配がないのもいいですね。』と「トスサラ®」を使ったレシピに興味津々の様子でした。

「トスサラ® チーズ香るシーザーサラダ用」にも、全粒粉入りのクルトンとアーモンドがたっぷり。チーズの濃厚な香りが広がります。

tos_07.jpg

※本画像は、旧パッケージ商品です。

【オシャレ度UP!ポイント】

緑黄色野菜には、大地の色に近いウッドサラダボウルがおすすめ。特にカボチャの黄色は茶と相性がよく、黄色を引き立ててくれますよ。盛り付けの仕上げに、「トスサラ®」のカリカリアーモンドを上にかかるようにトッピングしましょう。何気ないひと手間で、おしゃれ度がグッとUPします!

詳しい調理方法はこちら

<おしゃれサラダ その3>

夕飯のおかずに加えたい!見た目も味も上品な『あつあげたっぷりオクラの和風トスサラダ』

味噌と味の相性がよいさっぱりとした味わいの野菜をセレクトしましょう!「トスサラ®サラダチキンとレタスの京風ゆずサラダ用」とトスする(混ぜ合わせる)ことで、貝割れ菜とゆずのアクセントが味噌と調和する上級テクニックの味付けは、おさえておきたい"ほめられポイント"です。2~3人分の食材と「トスサラ®」を大き目ボウルでよく混ぜて味をなじませたら、一人分ずつ、小さ目のお皿に上品に盛り付ければ、あっという間におかずが1品出来上がります。

tos_08.png

※本画像は、旧パッケージ商品です。
※写真は1人前です

『食べ応えがあるので、夕飯のおかずとして取り入れたい!おかずの品数が少ないときにコレがあると楽ですね。ゆずの香りがしっかりしていて、あまり料理を作らない人でもそれっぽくなるのが嬉しいです!』と上品な味に納得した様子のM・Aさん。

「トスサラ® サラダチキンとレタスの京風ゆずサラダ用」には、ひじきとパリパリのれんこんがたくさん入っています。

tos_09.jpg

※本画像は、旧パッケージ商品です。

【オシャレ度UP!ポイント】

淡い色の食材が多いので、清涼感のあるガラスのお皿がおすすめ。オクラとアスパラの緑が引き立ち、食欲をかきたててくれます。オクラとアスパラの先端がお皿の中心部で重なるように盛り付けると、立体感が出ておしゃれに仕上がりますよ。

詳しい調理方法はこちら

<おしゃれサラダ その4>

おもてなし料理に加えたい!『マグロアボカドすりごまトスサラダ』

ゴマとの相性が良いマグロを使ったヘルシーなサラダには、「トスサラ®サラダチキンとサニーレタスの甘辛ごまサラダ用」がおすすめ!ごまと味の相性がよいマグロや、おしゃれ食材であるアボカドやサンチュなどと一緒にトスすれば(混ぜ合わせれば)、ごまの風味とピリ辛味がしっかりと素材に絡んで、箸が進むサラダが出来上がります。

tos_10.png

※本画像は、旧パッケージ商品です。

『紫いもチップスがパリパリしてアクセントになっていて美味しい!ドレッシングのすっぱさが苦手な人にはツンと来るお酢の感じがないので好まれそうですね。』と大満足のE・Kさん。

「トスサラ® サラダチキンとサニーレタスの甘辛ごまサラダ用」には、色鮮やかな紫いもチップスがごろごろ。パリパリわかめと海苔もたっぷり入っています。

tos_11.jpg

※本画像は、旧パッケージ商品です。

【オシャレ度UP!ポイント】

おしゃれな"和"カフェ風に仕上げたいなら和食器は欠かせません!個性的な形のお皿でモダンな雰囲気を演出。盛り付けは、お皿の余白を活かして中心に盛りましょう。白髪ねぎは、仕上げにふわっと盛り付ければ、立体感が出て食欲をそそりますよ。

詳しい調理方法はこちら

○まとめ

今回ご紹介したサラダはどれも簡単にお家で作ることができます。ちょっと特別な日のおもてなし料理や毎日のお弁当などにぜひ、おしゃれなサラダで彩りを加えてみてください!

MORE TOSS SALA

トスサラ®のことがもっと知りたい!