1. HOME
  2. トスサラ®マガジン
  3. EVENTS
EVENTS 2016.07.08

ひんやり美味しい!カラフル夏野菜のゼリー寄せを作ろう!

natu_01.jpg

夏の食べ物と聞いて何を思い浮かべますか?そうめんやカキ氷など、暑さを和らげてくれる冷たい食べ物が多いかもしれませんが、忘れてはいけないのが夏野菜です。太陽に育まれた"旬"の野菜は、どれも色鮮やかで栄養バッチリ!そんな夏野菜を使ったレシピの中から、今回は暑さで食欲がないときでもツルっと美味しく食べられる、夏野菜ゼリーをご紹介します。見た目も涼しげでテーブルが華やぐ料理なので、パーティーや記念日の特別なお料理としてもおすすめですよ。

夏バテ予防にも!栄養たっぷりの夏野菜を食べよう!

夏野菜で代表的なものといえば、トマト、きゅうり、なす、とうもろこし、ピーマン、ゴーヤなどが挙げられます。スーパーに行けば一年中売られている身近な野菜ばかりですが、夏の日差しをたっぷり浴びて育ったこの時期の夏野菜は、いつもとはひと味違います。

natu_02.jpg

栄養面からみても、夏バテ予防に効果的だといわれているカリウムやビタミンなどの栄養素が豊富に含まれているので、暑い季節を健康的に過ごすためにも積極的に取り入れたいですね。

暑さで食事が喉を通らないときでも、夏野菜のカラフルな色彩を料理に上手に活かせば、食事の時間が楽しみになるかもしれませんよ。そんな料理の1つとして、彩り鮮やかな夏野菜ゼリーを作ってみましょう!

夏のおもてなし料理に!ひんやり"和風"夏野菜ゼリー

ゼリーというとフルーツやお砂糖を使った甘いデザートというイメージが強くありますが、出汁やスープをゼラチンで固めた甘くないゼリーなら、料理にも活用することが可能です。

コンソメスープを使った洋風ゼリーも美味しいですが、今回は夏野菜と相性が良い和風出汁で作る和風のゼリーをご紹介します。出汁のさっぱりとした風味が、力強い夏野菜の味を引き立ててくれますよ。

natu_03.jpg

○ひんやり"和風"夏野菜ゼリーのレシピ

(1) お好みの夏野菜を細かく切りそろえてください。

(2) 細かく切った夏野菜をグラスに入れていきます。

(3) 出汁にゼラチンを加えたゼリー液を注ぎます。

(4) あとは、冷蔵庫で冷やし固めるだけで完成です。

時間があるときは、一層ごとにゼラチンを固めて、色ごとに順番に夏野菜を入れていくと見た目がより美しくなります。見た目からは想像できないほど簡単なレシピなので、是非試してみてください。見栄えよく作るポイントは、いろんな色の野菜を使うことと、色のバランスを考えながら野菜を並べること。また、ゼリー液が熱過ぎると野菜が熱で変色してしまうので、固まらない程度まで冷ましてからバットに注ぐと、夏野菜の鮮やかな色をきれいに保てます。

透明なゼリーの中にカラフルな夏野菜をバランス良く散りばめれば、海に沈んだ宝石箱のようなスペシャルな一品に仕上がりますよ。夏のおもてなし料理にもぴったりのゼリーなので、ぜひ試してみてくださいね。

シンプルなそうめんが夏野菜ゼリーでおしゃれに変身!

natu_04.jpg

そうめんといえば夏の定番メニューですが、シンプルな料理だけに頻繁に食べていると飽きてしまいがちです。そんなときは、夏野菜と一緒にそうめんもゼリーの中に閉じ込めてしまいましょう!和風夏野菜ゼリーにゆでたそうめんを加えるだけで、全く新しいメニューに生まれ変わります。

1人前ずつ小さなカップや小鉢で作れば、口当たりのよい涼しげなランチメニューになります。食べるときはカップからゼリーをお皿に取り出して、清涼感のあるゼリーの質感や見た目を楽しみながら味わってくださいね。

夏野菜は生で食べても美味しいものも多いですが、オクラやインゲンなど火を通す必要がある野菜を使うときは、お湯でゆでる代わりにゼリーに使う出汁で煮ると味がまとまります。和風ゼリーはかつお節や昆布の出汁でも美味しくできますが、あさりや椎茸(しいたけ)の出汁を使うと、独特の風味が生まれて味のバリエーションも広がります。もちろん、市販のめんつゆでも手軽に作ることもできますよ。

夜のうちに作って冷やし固めておけば、翌日のお昼にはひんやり冷えて食べ頃になっているでしょう。そうめんに飽きてしまったときは、ゼリーを使ったアレンジで夏のランチをちょっとおしゃれに変身させましょう!

パーティーを華やかに彩るカラフルな夏野菜レシピ

夏野菜ゼリーをパーティーで提供するなら、さらに豪華になるように盛り付けや具材にもアレンジを加えましょう。

高級フレンチレストランにも負けないおしゃれな前菜にしたいなら、カクテルグラスに盛り付けるのがおすすめです。大きなガラスのボウルで作れば、パーティーを盛り上げる迫力満点のメニューになりますよ。ゼリーが完全に固まる一歩手前の緩いジュレ状にして、食べるソースとしてメイン料理に添えてもいいですね。中身を豪華にしたいときは、和風ゼリーとマッチする海老や魚介類をプラスしてみましょう。

natu_05.jpg

そして、野菜が美味しい季節は、夏野菜の味をダイレクトに楽しめるサラダと夏野菜ゼリーをお子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょう?夏野菜ゼリーのレシピも簡単なので料理に初めてチャレンジするお子さんにもピッタリです。合わせて作るサラダに力を貸してくれるのは「トスサラ®」。お母さんがカットした野菜にかわいい三角形のパッケージの「トスサラ®」をお子さんにトス(混ぜ合わせる)してもらいましょう。簡単に調理ができて味もバッチリ決まります。お子さんもお母さんも大満足の夏野菜メニューが完成です。

また、夏野菜を使ったパーティー用のサラダなら、いろんな種類の野菜を細かくカットして混ぜ合わせたチョップドサラダはいかがでしょうか。夏野菜のカラフルな色合いが際立つ一品になりますよ。ひと口でたくさんの野菜を食べられるサラダなので、味をまとめるドレッシングが決め手です。「トスサラ®」の5種類のテイストなら、どれもチョップドサラダに合いますが、暑い季節に特におすすめしたいのが、ガーリックとごまの香りが魅力的な「トスサラ®サラダチキンとサニーレタスの甘辛ごまサラダ用」。夏バテ気味のときでも、刺激的な味や香りで食欲がそそられますよ。

彩り鮮やかな夏野菜ゼリーで夏の食事を楽しもう!

ぷるぷるとした食感の和風ゼリーと、栄養をいっぱい蓄えた美味しい夏野菜は、暑い季節だからこそ楽しみたい絶妙な味の組み合わせです。使用する夏野菜の種類はお好みですが、彩りだけでなく野菜の味や食感のバランスも考えながら、いろんなアレンジを試してみてください。食卓にどんどん夏野菜を取り入れて、美味しく健康に夏を過ごしましょう。

みずみずしい夏野菜のベストパートナーとして、三角形のパッケージに美味しさをギュッと閉じ込めた「トスサラ®」もお忘れなく!

MORE TOSS SALA

トスサラ®のことがもっと知りたい!