1. HOME
  2. トスサラ®マガジン
  3. LIFESTYLE
LIFESTYLE 2016.06.20

目指せ、朝活美人!早起き習慣を身に付ける簡単スリーステップ

morning_01.jpg

朝は1日のリズムを整える大切な時間。起床後、からだをしっかりと活動モードに切り替えれば、頭もさえわたり、スポーツ、読書、資格勉強など、朝の時間を有効に活用することができます。いつもより少しだけ早起きをして、自分を磨く時間をつくる。そんな"朝活美人"になるために、早起き習慣を身に付けるコツをご紹介します。朝は苦手という人も簡単にトライできますよ。

<STEP:1>1杯の水で"朝活美人"のスイッチを入れよう!

まずは、朝活美人になるリズムづくりから。朝起きたらカーテンを開けて、朝日を浴びましょう。寝起きが悪くて朝はからだが"だるい"という人も、体内時計がリセットされて、心もからだも活動モードに切り替わります。活動モードをさらに後押しするのが、1杯の水。200mlくらいを目安に、常温の水をゆっくりと飲み、寝ている間に失った水分を補給します。起きたばかりのときはまだ体温が低いので、体温を上げたいときは温かい飲み物の方がベター。とくに、白湯(さゆ)はおなかから、からだ全体をやさしく温めてくれますよ。

morning_02.jpg

もちろん、コーヒーや紅茶でもOKです。ベランダや庭に出て新鮮な空気に吸いながら、ゆっくりとカフェタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。鳥のさえずりを聞きながら、朝の空を眺めていると、「今日も1日がんばろう!」という気持ちがわいてきますよ。

<STEP:2>軽い運動でからだを目覚めさせよう!

1日をスタートさせるスイッチが入ったら、からだを動かしてみましょう。ストレッチをしたり、ヨガのポージングをしたり、ゆるやかな動きでからだを目覚めさせることが朝活美人への第一歩。自律神経のバランスを整える腹式呼吸もおすすめです。鼻からゆっくりと空気を吸い、おなかの中に空気をいっぱいためたら、鼻からゆっくりとその空気を出し切ります。何度か繰り返していると段々と心身がリラックスしてきますよ。特別な運動をしなくても、布団の中で思いっきり伸びをするだけでも十分。寝ている間に使われていなかった筋肉を動かすことで、血の巡りが良くなります。

morning_03.jpg

からだを動かすことに慣れ、ちょっと物足りないなと感じてきたら、ウォーキングやランニングなどにもチャレンジしてみてはいかがですか?関節を傷めないよう、ストレッチをお忘れなく。ウォーミングアップを行ったら、朝の街へ出発!空気が澄みわたり、しんと静まり返った街並みは、いつもとは違ってとても新鮮に感じられるはずです。

せっかく始めた朝活美人の習慣を3日坊主で終わらせないためには、「まずは1週間、それができたら次は3週間」というように、少しずつ目標を立ててクリアしていくと継続しやすいでしょう。お気に入りのウエアやシューズでテンションを上げるのもおすすめ。GPSウォッチを使えば、走行距離やペースを記録でき、モチベーションアップにつながります。スマホアプリなどに記録を保存すれば、SNSでシェアすることもできますよ。みんなから励ましの言葉も、やる気アップの源になりますね。

<STEP:3>「トスサラ®」を使ったおしゃれサラダで、元気とキレイをたっぷりチャージ!

心もからだもシャキッと目覚めたら、お待ちかねの朝ごはんタイムのはじまりです。体温を上げたり、脳に栄養を送ったり、1日のエネルギーを補充するために、朝ごはんはとても大切。ごはん派、パン派、シリアル派など、お好きな朝食スタイルにぜひサラダをプラスしてみてください。野菜たっぷりの朝食をしっかり食べて体温を維持することで、元気やキレイを保つホルモンバランスを整えてくれますよ。

運動で少し疲れた後でも、「トスサラ®」があれば、冷蔵庫にある材料を使って、簡単に美味しくておしゃれなサラダがあっという間につくれます。たとえば、ごはんと味噌汁には、刻んだ水菜や大根、ツナ缶、豆腐を混ぜて、「トスサラ®サラダチキンとレタスの京風ゆずサラダ用」をトスした和サラダを。シーズニングなので水気の多い食材と合わせても水っぽくなりすぎず、満足感のある一皿ができあがります。また、緑黄色野菜やチーズ、ベーコン、魚介類に「トスサラ®モッツァレラとトマトのイタリアンサラダ用」をトスすれば、カラフル&ボリューミィなカフェ風サラダが完成!スライスアーモンドやクルトンが入っているので、見た目もおしゃれで朝から気分も盛り上がります。この他にも、「トスサラ®」は全部で5つの味をラインナップ。その日の気分に合わせたメニューにアレンジが自由自在です。早起きを頑張った"ご褒美の朝"にぴったりの華やかな一皿に仕上がりますよ。

morning_04.jpg

ますは15分の早起きから。朝活美人への第一歩を踏み出そう!

morning_05.jpg

朝のうちにしっかりと活動モードにスイッチオンしておくことが1日を有効活用するための重要なポイントです。朝はギリギリまで寝ていたい、という人も多いと思いますが、朝から1日を元気にスタートさせ、いきいきと過ごすために、ご紹介した朝のスリーステップをぜひ試してみてください。まずは15分、早起きをして優雅な朝ごはんタイムを楽しんでみませんか。「トスサラ®」を使った、いつもよりちょっと贅沢なサラダを食べながら、ゆったりとした朝時間を過ごす心地よさを実感できれば、きっと早起き習慣を身に付けられますよ。

MORE TOSS SALA

トスサラ®のことがもっと知りたい!