1. HOME
  2. トスサラ®マガジン
  3. FOOD
FOOD 2016.04.28

木製プレートのオシャレな盛り付け術!ステキごはんに大変身させよう

plate_01.jpg

ウッドプレートを使ったおしゃれな盛り付け方法をご紹介します!少しの工夫でいつものごはんがグッとおしゃれに早変わり。木製のプレートはほっこりとあたたかな雰囲気を醸し出してくれるだけでなく、食べ物を彩りよく、美味しそうに見せてくれますよ。

"1日3食"毎日使いたい!ウッドプレートの活用法!

人気が高まっている木製プレートは、丸型やスクエア型はもちろん、楕円形や深さのあるもの、さらにトーストをのせるための食パン型などユニークな形まで、様々なものが売られています。また、よく雑貨屋さんで見かけるアカシアという木から作られているプレートは、1枚ずつ木目の模様や色調が異なり、天然素材のあたたかな風合いが人気。お気に入りの色や形のものを見つけて、1日3食のごはんを、ウッドプレートでコーディネートしてみてはいかがですか?今回は、ウッドプレートを使った盛り付けのコツをご紹介します。おしゃれなおうちごはんに挑戦してみましょう!

おさえておきたい!基本の盛り付け方

まず初めに基本的な盛り付け方をチェックしていきましょう。洋食・和食の場合に分けてご紹介します。

<洋食・パンのとき>

wood_02.jpg

まず洋食のパン派の場合は、1枚の丸いウッドプレートにパンとサラダや果物、そして器に入ったスープやヨーグルトなどを一緒に盛り付けてみましょう。木目の落ち着いた色調が、野菜や果物の鮮やかな色を一層引き立て、食欲を刺激してくれます。

目玉焼きやスクランブルエッグなどの黄色が加われば、さらに色鮮やかに、かつボリュームと栄養も増します。スープやヨーグルトの器はウッドプレートと相性のよい赤や黄色などの暖色系がおすすめ。見た目も栄養もグッドな朝食を食べれば、素敵な1日のはじまりになりそうですね!

<和食・ごはんのとき>

ri01_1205.jpg

和食のごはん派の場合は、おにぎりをうまく利用するのがポイントです。ごはんをプレートにそのまま乗せてしまうと洋風のイメージになってしまいがちですが、おにぎりにすると"和"の雰囲気を醸し出すことができます。出汁巻き玉子やひじきの煮物などのおかず、お漬物などの副菜とおにぎりの組み合わせは、ほっこりとした風合いのウッドプレートと非常に相性がよく、おわんによそったお味噌汁も一緒に乗せればフォトジェニックな盛り付けに。栄養バランスも彩りもばっちりですよね。

ウッドプレートのおしゃれな盛り付け例をご紹介!

洋食と和食の基本の盛り付け方を覚えたら、様々なシチュエーションで応用できる"ウッドプレート1枚盛り付け"をマスターしましょう。スプーンやお箸などもウッドプレートに合わせた木製のものを使ってテイストをそろえたり、マグカップやラッピングペーパーなどの小物アイテムを合わせて使ったりするとよりおしゃれな雰囲気になりますよ。

<ボリューミーなサンドウィッチとサラダでカフェ風プレート>

wood_03.jpg

SNSなどで話題になったボリュームたっぷり「沼サンド」。普通のサンドイッチと決定的に違うのはその具材のボリューム感!たっぷりの具材で厚みのある沼サンドは彩りも栄養も満点です。これを木製のカッティングボードに大胆に盛りつけてみましょう。沼サンドだけでも絵になる迫力ですが、そこにサラダを添えれば、あっという間にカフェ風のアレンジに。ちなみに、買ってきたサンドイッチの場合でも、木製のカッティングボードにのせるというひと手間だけで、ずいぶんと印象を変えることができますよ。

<パスタはスキレットとともにテーブルへ>

パスタは人気のスキレットで調理して、そのまま木製のカッティングボードにのせてみましょう。スキレットも今大注目のアイテムですが、それを木製のカッティングボードと組み合わせれば、簡単におうちカフェメニューの出来上がりです!

<木製カッティングボードで贅沢ティータイム>

ri02_1205.jpg

ティータイムにもウッドプレートは役立ちます。カップケーキをはじめとした焼き菓子の深みのある色と、あたたかみのあるウッドプレートは相性抜群。手作りのクッキーなども添えてお気に入りの紅茶とともに優雅なティータイムを過ごしてみませんか?

<仕切りを活用してバランスのよい盛り付け>

品数が多くなる夜ごはんには仕切りのあるタイプがおすすめです。主菜、副菜、サラダ、ごはんなどそれぞれ分けて盛り付けることで、互いの味が混ざることを防いでくれるだけでなく、見た目にも品数の多さを実感でき、より満足感をアップさせてくれます。大きめのウッドプレートなら、おかずはもちろんのこと、豆皿にのせた副菜やおわんによそったごはん一緒にのせてもいいですね。深みのある和の器の色合いとウッドプレートの相性はよく、ほっこり感がぐんと増し、あたたかみのある一皿が完成します。

<ちょい飲み派にぴったり!おつまみを簡単おしゃれに>

まったりとした"おうち飲み"にもウッドプレートは活躍してくれます。チーズや野菜などのおつまみ類を細長い形のウッドプレートに盛り付け、楊枝(ようじ)を刺してピンチョス風にするだけで、グッと大人っぽい雰囲気に。ウッドプレートの落ち着いた風合いが、くつろぎの時間を演出してくれますよ。

木製ウッドプレートにピッタリのサラダはコレ!

wood_05.jpg

深さのあるサラダボウルに木製のものを利用するのもおしゃれですよね!木の色合いが緑のフレッシュな色をより一層引き立ててくれます。サンドイッチやおかず、サラダを1プレートにのせた場合、サラダの水分がおかずに染みてしまうことがあります。

そんな時は「トスサラ®」を使いましょう。シーズニングなので水っぽくならず、パンもサラダもおいしくいただけます!まさに、ウッドプレートにぴったりのサラダに仕上がりますね!アボカドやサニーレタスなどのグリーン系にアクセントのお花(エディブルフラワー)を添えたナチュラルな雰囲気のサラダは、ウッドプレートとも相性がよくおすすめです。詳しいレシピはこちら

MORE TOSS SALA

トスサラ®のことがもっと知りたい!

  • Table diary
  • Lineup
  • How to Toss Sala
  • Recipe